ホッコータルマエが圧倒的人気に応え川崎記念快勝。フェブラリーSで中央G1獲りへ

川崎記念

1着 ホッコータルマエ
2着 ムスカテール
3着 トウショウフリーク

川崎の交流G1川崎記念は単勝オッズ1.1倍のホッコータルマエが人気に応え快勝。
相手関係からも負けられない1戦となりましたが、トウショウフリークが大きく逃げ、後ろにはムスカテールという少し難しい展開になりました。
それでも積極的に前を捉え、ムスカテールに半馬身まで詰められはしましたが、あとどれだけ距離があっても半馬身のままずっといきそうな感じで、着差ほどの危うさは感じませんでした。

次はフェブラリーSでベルシャザールとの再戦が注目されます。
昨年交流G1の主要タイトルをほぼ総ナメにしながらJCDで敗れ、最優秀ダートホースを逃しているだけに、どうしても勝っておきたい相手ですね。

JCDもそうでしたが、フェブラリーSもダートの上位馬が勢揃いしそうで、非常に見応えのあるレースになりそうです。

東海Sは断然人気のニホンピロアワーズが完勝。フェブラリーSへ

東海S

1着 ニホンピロアワーズ
2着 グランドシチー
3着 マイネルバイカ

一昨年のJCDの覇者ニホンピロアワーズが単勝オッズ1.6倍の圧倒的な支持に応えて完勝。
昨年のJCDを休み明けで挑み5着、続く東京大賞典でも3着となかなかこの馬らしさが見えませんでしたが、久々に良いレースを見せてくれました。
とは言っても昨年秋の2レースで先着された相手に比べれば楽なメンバーですし、このくらいはやれて当然というくらいの実績を持った馬です。

今後はフェブラリーSとの事ですが、昨年は回避しているように1600は使った事がなく未知数ではあります。
東京のダート1600は少し距離が足りないくらいで丁度いいようなコースでもあり、スピードはある馬ですからこなせそうには見えますが、この辺りはやってみない事には分かりませんね。
完調ならベルシャザール、ホッコータルマエと対等の評価をしてもいい馬だけに、ここをきっちり勝ってくれた事で、フェブラリーSはまた1つ面白くなりそうです。

2着グランドシチーは昨年のこのレースでもあわやという脚を見せていて、このコースは合うのでしょう。
現状では一線級には少し及ばない状況ですが、今回は内容は良く、中団でうまく折り合えればまだまだやれそうです。

昨年のフェブラリーSの覇者グレープブランデーは今回も厳しい結果となってしまいました。
フェブラリーS後の骨折から復帰してこれで4戦となりますが、この状態では今年は難しいと言わざるを得ませんね。

ベルシャザールはC.デムーロとのコンビでフェブラリーSへ

昨年のジャパンカップダートを勝ち、最優秀ダート馬にも選出されたベルシャザールは、直行するフェブラリーSでC.デムーロ騎手とのコンビが決定。

武蔵野S、JCDとルメール騎手で、主戦騎手が決まっていないベルシャザールですが、今回はC.デムーロ騎手という事で外国人騎手が続きますね。
フェブラリーS後にドバイWCの予定ですが、そちらはルメール騎手に戻る予定のようです。

フェブラリーSはベルシャザールとホッコータルマエの2頭が人気になると思いますが、この対決は本当に楽しみですね。
JCDに続いてベルシャザールがG1連勝といけるのでしょうか。

昨年のジャパンCダートをルメール騎乗で制し、フェブラリーS(2月23日、東京)でG1連覇に挑むベルシャザール(牡6=松田国)の鞍上が短期免許で来日予定のクリスチャン・デムーロ(21=イタリア)に決まった。社台サラブレッドCがHPで発表。同馬は既に短期放牧から12日に栗東トレセンへと帰厩している。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/01/16/kiji/K20140116007395200.html