ホッコータルマエが圧倒的人気に応え川崎記念快勝。フェブラリーSで中央G1獲りへ

川崎記念

1着 ホッコータルマエ
2着 ムスカテール
3着 トウショウフリーク

川崎の交流G1川崎記念は単勝オッズ1.1倍のホッコータルマエが人気に応え快勝。
相手関係からも負けられない1戦となりましたが、トウショウフリークが大きく逃げ、後ろにはムスカテールという少し難しい展開になりました。
それでも積極的に前を捉え、ムスカテールに半馬身まで詰められはしましたが、あとどれだけ距離があっても半馬身のままずっといきそうな感じで、着差ほどの危うさは感じませんでした。

次はフェブラリーSでベルシャザールとの再戦が注目されます。
昨年交流G1の主要タイトルをほぼ総ナメにしながらJCDで敗れ、最優秀ダートホースを逃しているだけに、どうしても勝っておきたい相手ですね。

JCDもそうでしたが、フェブラリーSもダートの上位馬が勢揃いしそうで、非常に見応えのあるレースになりそうです。

東海Sは断然人気のニホンピロアワーズが完勝。フェブラリーSへ

東海S

1着 ニホンピロアワーズ
2着 グランドシチー
3着 マイネルバイカ

一昨年のJCDの覇者ニホンピロアワーズが単勝オッズ1.6倍の圧倒的な支持に応えて完勝。
昨年のJCDを休み明けで挑み5着、続く東京大賞典でも3着となかなかこの馬らしさが見えませんでしたが、久々に良いレースを見せてくれました。
とは言っても昨年秋の2レースで先着された相手に比べれば楽なメンバーですし、このくらいはやれて当然というくらいの実績を持った馬です。

今後はフェブラリーSとの事ですが、昨年は回避しているように1600は使った事がなく未知数ではあります。
東京のダート1600は少し距離が足りないくらいで丁度いいようなコースでもあり、スピードはある馬ですからこなせそうには見えますが、この辺りはやってみない事には分かりませんね。
完調ならベルシャザール、ホッコータルマエと対等の評価をしてもいい馬だけに、ここをきっちり勝ってくれた事で、フェブラリーSはまた1つ面白くなりそうです。

2着グランドシチーは昨年のこのレースでもあわやという脚を見せていて、このコースは合うのでしょう。
現状では一線級には少し及ばない状況ですが、今回は内容は良く、中団でうまく折り合えればまだまだやれそうです。

昨年のフェブラリーSの覇者グレープブランデーは今回も厳しい結果となってしまいました。
フェブラリーS後の骨折から復帰してこれで4戦となりますが、この状態では今年は難しいと言わざるを得ませんね。

東京大賞典はホッコータルマエ快勝。フェブラリーSからドバイへ

東京大賞典

1着 ホッコータルマエ
2着 ワンダーアキュート
3着 ニホンピロアワーズ

2013年を締めくくる東京大賞典が29日大井で行われ、1番人気に支持されたホッコータルマエが完勝。

勝ったホッコータルマエはJCDは3着に敗れたものの、今年は帝王賞、JBCクラシックなども勝っていて交流G1の中距離タイトルは独占状態。
この東京大賞典も制し、やはり現在のダートのトップはホッコータルマエという事になりますね。
今後は川崎記念、フェブラリーSを使ってドバイへという予定のようで、かなりタフなローテーションとなります。
2013年も東京大賞典で10戦目、それで結果を出し続けているタフな馬ですが、この辺りの影響があるのかどうかも気になるところではありますね。

2着ワンダーアキュートはJBCクラシック、JCDに続いてまた2着。能力は間違いないのですがなかなか勝ち切れません。
明けて8歳となりますが現役続行の予定で、この走りを見ればまだまだ十分やれそうです。フェブラリーSにも出てくれば有力候補の一頭ですね。

3着ニホンピロアワーズは少しチグハグな競馬になってしまいましたが、現状ではホッコータルマエ相手には少し厳しいという事になってしまいますね。
順調さを欠いてのJCDでも5着とそれなりにまとめていますので力はやはりありますが、今回も昨年のような走りは見せることができず、立て直せるかどうかというところです。
フェブラリーSは昨年も出ていませんので出てくる可能性は低そうですが、阪神1800のJCDで昨年あれだけの競馬をしているのですから東京1600でもチャンスはあるはずです。

4番人気のローマンエンパイアは6着。ゲートで暴れて一回出され、入り直してもまた暴れてというところでゲートが開いてしまいました。
JCDの大敗に続いてこの結果で、何か問題を抱えているのは間違いありません。昨年の良かった頃とは別の馬のようになってしまっていますが、立て直す事ができるのでしょうか。

佐賀記念はホッコータルマエが完勝

佐賀記念

フェブラリーSに登録するも除外対象となっていたホッコータルマエが、逃げるエーシンモアオバーの2番手追走から4角で並びかけ直線を向いて突き放す完勝。
フェブラリーSにも出走できていればそこそこの人気になっていたはずの馬ですから、ここでは力が違いましたね。

これで一応賞金的にはフェブラリーSにも出走可能になりましたが、さすがに連闘での出走はしないようです。
今後は帝王賞、あるいはJCDを目標にしていくのだとは思いますが、まずは賞金を稼いで出走権を確定させていかないといけませんね。ダート路線は芝に比べて似たようなメンバーと距離での争いになるので、賞金を加算していくのも一苦労です。

川崎記念はハタノヴァンクールが制覇。ワンダーアキュートは2着

川崎記念

1着ハタノヴァンクール
2着ワンダーアキュート
3着グラッツィア

1番人気ワンダーアキュートと2番人気ハタノヴァンクールの一騎討ちが予想されたレースでしたが、勝ったのは2番人気のハタノヴァンクールでした。
4角で先頭を捉えられたハタノヴァンクールと反応がイマイチだったワンダーアキュートとの差がでた感じですね。

ハタノヴァンクールは暮れの東京大賞典でも内田騎手で先行して2着。今回は四位騎手に戻って勝ちました。大井、川崎での2戦なので、これを復調と見るか地方が向いていると見るかですね。
4歳世代で上位の力を持っているのは間違いありませんが、フェブラリーSに出てきても東京マイルで捲りは難しいでしょうし、この馬の得意な形は想像できないのは確かです。ただ地方の長めのレースで好走続きの4歳馬ということで、2010年のテスタマッタや2009年のサクセスブロッケンのような雰囲気はありますね。

ワンダーアキュートは4角で先に行かれたのが結果的には痛かった形ですね。最後に詰めてきた脚はさすがです。
フェブラリーSは使わなそうな話が出てますが、出てくれば当然主力の一角ですね。

メイショウマシュウ根岸S制覇も骨折が判明。半年程度の休養へ

根岸S

ガンジス、セイクリムズンが好位から抜け出したところを後方外からメイショウマシュウが一気の差し切り勝ち。重賞初制覇となりました。
ただ残念ながらメイショウマシュウはレース後に右前膝の骨折が判明。半年程度の休養が必要という事になってしまいました。

2着のガンジスは積極的に勝ちに行く競馬をしてのハナ差2着。まだ4歳ですしまずまず評価できる1戦だったのではないでしょうか。堅実さもあり、フェブラリーSでも人気の一角を占める事になりそうです。

3着セイクリムズンは7歳になり58kgを背負ってのこの結果は十分ですね。ただこの馬は過去2回のフェブラリーSでは大敗していて、1600はやっぱり長いのかもしれません。

あとは昨年のフェブラリーSの覇者テスタマッタが後方から進めて6着。こちらも59kg背負っていましたし、いかにもトライアルという感じでした。本番では鞍上も岩田騎手に戻りそうですし、今年も注意が必要です。

東海S。グレープブランデーが3馬身差の快勝

東海S

グレープブランデーが直線力強く抜け出し完勝。久々の重賞制覇となりました。
3歳時にはJDDを勝っている馬ですし、57kgでこの勝ち方ならフェブラリーSでも期待してみたくなりますね。

2着は先行して粘ったナムラタイタン。離されたとはいえ1800では初の連対。東京マイルの成績は抜群なので本番では穴に一考といったところでしょうか。

3着はホッコータルマエ。4歳勢主力の1頭ですがここは勝ってほしかったですね。安定感は抜群です。

もう1頭5着のグランドシチーは直線内にもたれて追えない場面がありました。本馬がヨレているので仕方ないのですが、あれがなければ2着はあったのでは、という勢いでした。

2012参考レース

東京大賞典

12/29大井2000。JCDでは人気を裏切る形となったローマンレジェンドが勝利。フェブラリーSは参戦しないようですね。

ジャパンカップダート

12/2阪神1800。ニホンピロアワーズの圧勝。ただこちらもフェブラリーSは出てこないようです。

武蔵野S

11/11東京1600。フェブラリーSと同じ舞台です。イジゲンの出遅れからの差し切り勝ちは強烈。

JBCクラシック

11/5川崎2100。ワンダーアキュートの圧勝でした。

南部杯

10/8盛岡1600。エスポワールシチーが4角先頭から危なげなく押し切り勝ち。まだまだやれそうです。

ジャパンダートダービー

7/11大井2000。3歳戦です。この時点ではハタノヴァンクールが世代トップの印象でしたが、この後2戦は全く振るわず。東京大賞典では2着と好走しましたが、難しい馬ですね。