フェブラリーステークスの特徴

コースの特徴

舞台は東京ダート1600m。2コーナー奥からのスタートで150m程度芝コースを走る形。芝コースを横切る形になる為、外枠の方が若干長く芝コースを走る事になり、先行馬はここの巧拙も重要になってくる。基本的には芝を長く走れる外枠の方が位置取りは有利になるが、芝が苦手な馬の場合、どの枠であっても位置取りは厳しくなる。

コーナー2回で3角までの距離も長く、東京コースらしく力勝負になりやすい舞台。ペースも上がりやすく、同じ東京の1300,1400や他場の1800コースよりも逃げ切りは相当難しくなっている。
フェブラリーSのようなG1レースになるとこのコース特性も手伝ってスピード、スタミナ、瞬発力が高いレベルで要求される厳しいレースになる事が多い。

レースの特徴

前述のようなコース特徴もあり、1200mや1400mを主戦場とする馬には厳しい傾向があり、同条件の東京マイル実績はもちろん、JCダート、東京大賞典、帝王賞など長めの距離で戦ってきた馬の活躍が目立つ。
位置取りは好位~中団が中心となるが、4角10番手以降からの差しも度々決まっている。逆に逃げ馬、4角先頭からの押し切りは11年のトランセンドくらいの力がないと難しい。

人気では1番人気は安定しているが、2番人気はイマイチ。極端な人気薄が来る事もほとんどなく、1番人気を軸に6,7番人気くらいまでを狙うのが1つのセオリー。ただ昨年は7,4番人気での決着。

ダート実績のない馬の出走も目立つが、芝G1級でもまず勝負になっていない。例外はトゥザヴィクトリーくらいで、この馬はドバイワールドカップでも2着。このクラスの芝ダート兼用馬でなければ厳しい。