フェブラリーSはコパノリッキーが展開にも恵まれ最低人気での勝利

フェブラリーS

1着 コパノリッキー
2着 ホッコータルマエ
3着 ベルシャザール

ベルシャザールとホッコータルマエの2強オッズとなったフェブラリーSは、スローペースの好位をスムーズに進めた最低人気のコパノリッキーが快勝。驚きの結果となりました。

勝ったコパノリッキーは3歳春時点では3歳ダートのトップクラスでしたが、故障で休養後の成績が振るわずここでは最低人気の評価でした。
復帰後の2戦を見ればこの低評価も致し方ないというところなのですが、見事に復活しましたね。
レース自体はスローペースで、ノーマークだったこの馬には最高の展開となったのは確かですが、最後まできっちり伸びていたあたりやはり力はある馬です。
今後に向けての評価としてはこのレースは非常に難しいものになります。運が向いただけではなく、実力馬の復活ですので、ちょっと扱いに悩みますね。

2着ホッコータルマエはJCDに続いて、運がなく負けてしまったような印象ですね。
交流G1を勝ち続けた実力は間違いなく本物で、中央のダートが全然合わないわけでもありません。
1600でスローの上がり勝負になってしまったのはこの馬にとっては厳しかったですね。
それでもベルシャザールには先着して2着。コンスタントに使って結果を残し続けている馬ですし、この敗戦で評価が変わることはありません。

3着ベルシャザールはスタートでやや後手を踏み、この展開では苦しくなりました。
3着まで来た事を評価するべきでしょう。
JCDを勝っているとは言えダートでの実績は交流G1組に比べれば少ないですが、このレースではある意味JCDよりも力を証明できた面もあるのではないでしょうか。

2014フェブラリーステークス登録馬20頭。交流G1組vsダート転向組?

2月23日に行われるフェブラリーSの登録が行われ、20頭が登録を行いました。
昨年のフェブラリーSの覇者グレープブランデーは爪の不安で回避、テスタマッタも屈腱炎の為、既に引退を決めています。
出走の可能性があったサダムパテックも登録はなく、今年は芝の実績だけで挑戦してくる馬はいません。

まずは優先出走権の2頭

ゴールスキー
ニホンピロアワーズ

続いて賞金順です。

ホッコータルマエ
ワンダーアキュート
ベルシャザール
ドリームバレンチノ
エーシントップ
ダノンカモン
シルクフォーチュン
グランドシチー
ノーザンリバー
アドマイヤロイヤル
ブライトライン
ベストウォーリア
ソロル

以下の2頭が賞金同額で、回避馬がでなければ抽選で2頭のうち1頭が出走可能です。

ケイアイレオーネ
コパノリッキー

以下は除外対象

ダブルスター
レーザーバレット
ナイトフッド

人気はJCDの勝ち馬ベルシャザールと、東京大賞典など交流レースで圧倒的な強さを見せているホッコータルマエが二分する形でしょうか。

ホッコータルマエにニホンピロアワーズ、ワンダーアキュートといった交流G1の常連組に対して、ベルシャザール、ブライトライン、ゴールスキー、ドリームバレンチノなどの芝からダートへ転向して実績を出してきた組、そして4歳勢という面白い構図になりそうです。
昨年、一昨年の覇者はいませんが、現在のダートの頂上決戦という意味できっちりとメンバーは揃いそうですね。

ホッコータルマエが圧倒的人気に応え川崎記念快勝。フェブラリーSで中央G1獲りへ

川崎記念

1着 ホッコータルマエ
2着 ムスカテール
3着 トウショウフリーク

川崎の交流G1川崎記念は単勝オッズ1.1倍のホッコータルマエが人気に応え快勝。
相手関係からも負けられない1戦となりましたが、トウショウフリークが大きく逃げ、後ろにはムスカテールという少し難しい展開になりました。
それでも積極的に前を捉え、ムスカテールに半馬身まで詰められはしましたが、あとどれだけ距離があっても半馬身のままずっといきそうな感じで、着差ほどの危うさは感じませんでした。

次はフェブラリーSでベルシャザールとの再戦が注目されます。
昨年交流G1の主要タイトルをほぼ総ナメにしながらJCDで敗れ、最優秀ダートホースを逃しているだけに、どうしても勝っておきたい相手ですね。

JCDもそうでしたが、フェブラリーSもダートの上位馬が勢揃いしそうで、非常に見応えのあるレースになりそうです。

東海Sは断然人気のニホンピロアワーズが完勝。フェブラリーSへ

東海S

1着 ニホンピロアワーズ
2着 グランドシチー
3着 マイネルバイカ

一昨年のJCDの覇者ニホンピロアワーズが単勝オッズ1.6倍の圧倒的な支持に応えて完勝。
昨年のJCDを休み明けで挑み5着、続く東京大賞典でも3着となかなかこの馬らしさが見えませんでしたが、久々に良いレースを見せてくれました。
とは言っても昨年秋の2レースで先着された相手に比べれば楽なメンバーですし、このくらいはやれて当然というくらいの実績を持った馬です。

今後はフェブラリーSとの事ですが、昨年は回避しているように1600は使った事がなく未知数ではあります。
東京のダート1600は少し距離が足りないくらいで丁度いいようなコースでもあり、スピードはある馬ですからこなせそうには見えますが、この辺りはやってみない事には分かりませんね。
完調ならベルシャザール、ホッコータルマエと対等の評価をしてもいい馬だけに、ここをきっちり勝ってくれた事で、フェブラリーSはまた1つ面白くなりそうです。

2着グランドシチーは昨年のこのレースでもあわやという脚を見せていて、このコースは合うのでしょう。
現状では一線級には少し及ばない状況ですが、今回は内容は良く、中団でうまく折り合えればまだまだやれそうです。

昨年のフェブラリーSの覇者グレープブランデーは今回も厳しい結果となってしまいました。
フェブラリーS後の骨折から復帰してこれで4戦となりますが、この状態では今年は難しいと言わざるを得ませんね。

ベルシャザールはC.デムーロとのコンビでフェブラリーSへ

昨年のジャパンカップダートを勝ち、最優秀ダート馬にも選出されたベルシャザールは、直行するフェブラリーSでC.デムーロ騎手とのコンビが決定。

武蔵野S、JCDとルメール騎手で、主戦騎手が決まっていないベルシャザールですが、今回はC.デムーロ騎手という事で外国人騎手が続きますね。
フェブラリーS後にドバイWCの予定ですが、そちらはルメール騎手に戻る予定のようです。

フェブラリーSはベルシャザールとホッコータルマエの2頭が人気になると思いますが、この対決は本当に楽しみですね。
JCDに続いてベルシャザールがG1連勝といけるのでしょうか。

昨年のジャパンCダートをルメール騎乗で制し、フェブラリーS(2月23日、東京)でG1連覇に挑むベルシャザール(牡6=松田国)の鞍上が短期免許で来日予定のクリスチャン・デムーロ(21=イタリア)に決まった。社台サラブレッドCがHPで発表。同馬は既に短期放牧から12日に栗東トレセンへと帰厩している。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/01/16/kiji/K20140116007395200.html

東京大賞典はホッコータルマエ快勝。フェブラリーSからドバイへ

東京大賞典

1着 ホッコータルマエ
2着 ワンダーアキュート
3着 ニホンピロアワーズ

2013年を締めくくる東京大賞典が29日大井で行われ、1番人気に支持されたホッコータルマエが完勝。

勝ったホッコータルマエはJCDは3着に敗れたものの、今年は帝王賞、JBCクラシックなども勝っていて交流G1の中距離タイトルは独占状態。
この東京大賞典も制し、やはり現在のダートのトップはホッコータルマエという事になりますね。
今後は川崎記念、フェブラリーSを使ってドバイへという予定のようで、かなりタフなローテーションとなります。
2013年も東京大賞典で10戦目、それで結果を出し続けているタフな馬ですが、この辺りの影響があるのかどうかも気になるところではありますね。

2着ワンダーアキュートはJBCクラシック、JCDに続いてまた2着。能力は間違いないのですがなかなか勝ち切れません。
明けて8歳となりますが現役続行の予定で、この走りを見ればまだまだ十分やれそうです。フェブラリーSにも出てくれば有力候補の一頭ですね。

3着ニホンピロアワーズは少しチグハグな競馬になってしまいましたが、現状ではホッコータルマエ相手には少し厳しいという事になってしまいますね。
順調さを欠いてのJCDでも5着とそれなりにまとめていますので力はやはりありますが、今回も昨年のような走りは見せることができず、立て直せるかどうかというところです。
フェブラリーSは昨年も出ていませんので出てくる可能性は低そうですが、阪神1800のJCDで昨年あれだけの競馬をしているのですから東京1600でもチャンスはあるはずです。

4番人気のローマンエンパイアは6着。ゲートで暴れて一回出され、入り直してもまた暴れてというところでゲートが開いてしまいました。
JCDの大敗に続いてこの結果で、何か問題を抱えているのは間違いありません。昨年の良かった頃とは別の馬のようになってしまっていますが、立て直す事ができるのでしょうか。

2013フェブラリーSはグレープブランデーの勝利。2着に8歳エスポワールシチー

フェブラリーS

1着 グレープブランデー
2着 エスポワールシチー
3着 ワンダーアキュート

タイセイレジェンドが逃げエスポワールシチーが2番手につける形で、カレンブラックヒルはスタートでやや後手を踏むも、3番手に押し上げる展開。
グレープブランデーとワンダーアキュートは中団内で折り合い、かかり気味のテスタマッタは後方2番手でなだめるのに必死、そらにその後ろからシルクフォーチュンという流れでした。
4コーナーでカレンブラックヒルの手応えは怪しくなり、直線を向いてエスポワールシチーが先頭に。外からガルボ、内からはマルカフリートも粘ります。

後方では内から中央にだしたグレープブランデーがガルボの外を突いて一気の伸び脚で、エスポワールシチーを捉え1着。
同じところを狙ったワンダーアキュートとテスタマッタは接触もあり、ワンダーアキュートの方が先に伸びてくるも時既に遅しで3着まで。
早め先頭から踏ん張ったエスポワールシチーが2着でした。

ワンダーアキュートとグレープブランデーは先にポジションを確保できた分でグレープブランデーが勝った印象ですね。
ワンダーアキュートも少し無茶な形になりましたが最後の伸び脚はさすがです。(和田騎手は2日間の騎乗停止)

2着のエスポワールシチーは8歳ですが意地を見せました。昨年もかしわ記念、南部杯とマイルのG1を2つ勝っていて、エルムSは59kgを背負いながらローマンレジェンドとクビ差。一昨年以前の活躍は説明するまでもない馬ですから、9番人気はさすがに低評価すぎました。

勝ったグレープブランデーは3歳時にジャパンダートダービーを勝っている、いわば世代トップクラスの馬。その後長い休養もあり、順調には来れませんでしたが、ここに来て一気に良くなってきましたね。
今回は2着が8歳、3~9着が7歳と、世代交代はまだまだという印象も受けますが、グレープブランデーはまだ5歳です。
ここには出ていませんでしたが、ニホンピロアワーズ、ローマンレジェンド、そして4歳のハタノヴァンクールあたりと今後のダート戦線の中心の1頭になってくるのではないでしょうか。

2013フェブラリーS予想。実績馬は7歳以上、4,5歳勢に注目

フェブラリーS
枠順も確定し、砂をかぶりたくなかった初ダートのカレンブラックヒルとガルボが外目の枠になった事で、枠順で大きく評価を落とす馬はいない形になりました。
あえて挙げるとすれば1枠2番となったグレープブランデーは位置取り次第で有利にも不利にもなりそうなんで、浜中騎手の腕が試されるという事になりそうです。もちろん馬がきちんと動けばですが。
あとは大外枠となったシルクフォーチュン。この馬は後方待機でしょうから、枠はどこでも良かったとは思うんですが、大外でスタートの芝部分も一番長く走れる枠で流れに乗れすぎてしまう可能性はあります。そこは鞍上横山典弘騎手ですから上手く乗ってきそうではありますが。

さて今回のフェブラリーSでまず考えなければいけないのはカレンブラックヒルがダートでも力を出せるのかどうかですね。
ひょっとしたら1番人気かもというくらいの馬なんで、まずここをなんとかしなければいけません。
血統的には父ダイワメジャーは産駒のダート実績がほぼなく、メジャーアスリートの全日本2歳優駿2着があるくらいで、あとは1000万に数頭いるだけです。この現4歳世代が初年度なんでまだ決めつけるには早いのですが、やはり気になる点ではありますね。
母父グラインドストーンはダート血統なので、ここに期待でしょうか。

もう1頭の初ダートのガルボは父マンハッタンカフェは基本的には芝ですが、今回グレープブランデーが出ているように、ダートで走っている産駒もいます。エーシンモアオバーもマンハッタンカフェですね。
母父ジェネラスは長めの芝というイメージですが、種牡馬実績ではダートも走っていたようですね。あまり強調はできません。
ダートコースでの追い切りの動きが良かったという記事がいくつか出てますんで、そこに期待するならという程度ですね。

過去のフェブラリーSを見れば初ダートの馬はほぼ結果を残せていません。
今回のフェブラリーSはJCDや東京大賞典の勝ち馬が出てこないメンバーという事で、カレンブラックヒルへの期待は大きくなりますが、やはり初ダートでG1は厳しいと見るのが基本でしょう。
ただフェブラリーSではありませんが、クロフネの初ダートだった武蔵野Sは覚えている方も多いと思いますがまさに圧勝でした。あの馬がフェブラリーSで初ダートでもやっぱり勝ってたんじゃないかという気もします。クロフネレベルであれば勝負になるといったところでしょうか。

ダートの王道組で最も結果を残しているのはワンダーアキュートですね。昨年のJBCクラシックの勝利からJCダート2着、東京大賞典3着、川崎記念2着と好走を続けています。この3レースで先着されたのはニホンピロアワーズ、ローマンレジェンド、ハタノヴァンクールで全て今回は出てきません。使い詰めで川崎記念からは中2週というところが気にはなりますが、中心はやはりこの馬でしょう。

昨年の覇者テスタマッタは前走根岸Sはいかにもトライアルというレースで、あれで十分でしょう。マイルよりも長めの距離での活躍が目立ちますが、フェブラリーSは長めの実績がモノを言うレースですし、何より昨年の覇者です。鞍上が岩田騎手に戻るのも心強く、注意しなければいけない1頭です。

昨年2着のシルクフォーチュンは前走カペラSを差し切り勝ち。こちらは短い距離での活躍が目立ち、1200mからのフェブラリーS参戦は厳しい面もありますが、昨年も1400の根岸Sを勝ってから2着しています。
後方からの脚質もあってかなり展開に左右される馬ではありますが、ハマれば昨年のような末脚を見せてくれるのではないでしょうか。

そしてこのメンバーなら復活も期待できるエスポワールシチー。2010年のフェブラリーSを勝っています。
さすがに全盛期は過ぎたと言わざるを得ませんが、昨年もかしわ記念、南部杯とマイルのG1を勝っていて、この条件ならというところです。
前走東京大賞典は出遅れてしまい、先行力が持ち味のこの馬としては苦しいレースになってしまいました。

以上が主な実績を持つ馬ですが、4頭とも7歳以上となり、過去フェブラリーSを7歳以上で勝った馬はいません。
実際前述のワンダーアキュートが負けた3頭は今年4,5,6歳ですし、年齢的な部分もそろそろ考えなければいけませんね。

5,6歳で実績があるのはジャパンダートダービーを勝っていて、前走東海Sを完勝したグレープブランデーが筆頭ですね。内枠で難しい部分もありますが、うまく内で捌ければ有力な1頭です。
タイセイレジェンドはJBCスプリントなど短いところでの実績はありますが、東京マイルでとなると少し厳しそうです。

4歳勢ではまずイジゲン。武蔵野Sの出遅れながらの勝利は鮮やかでした。ただJCDでは見せ場なしでゲートにも不安を抱えます。
この世代トップクラスのポテンシャルは持っているんでしょうが、現時点ではなかなか信用しにくいですね。

4歳でもう1頭ガンジスは常に好走していて、ダートでは全て3着以内ですが、重賞は勝てていません。
1600までしか走ったことがなく、長めの実績を必要とするフェブラリーSでは不安も残りますが、安定感は魅力です。

フェブラリーS枠順確定。カレンブラックヒルは6枠11番

フェブラリーS
枠順が確定し、注目のカレンブラックヒルは6枠11番となりました。先行勢がほぼカレンブラックヒルより内に入った事で外から被せられる心配はなさそうです。この馬にとっては好枠と言えるのではないでしょうか。
ハナに行ってもいいですし、タイセイレジェンドやエスポワールシチーが主張するならその後ろの外でという展開が想定できますね。

同じく初ダートのガルボも8枠15番。こちらは芝を長く走れる外で絶好枠ですね。過去の例では初ダートでのフェブラリーS挑戦は散々な結果となっていますが、トゥザヴィクトリーの3着は大外枠から先行の形でした。
トゥザヴィクトリーと比べるのはどうかとは思いますが、ダートでの追い切りは良かったみたいですし、恐らく人気もしないでしょうから穴狙いなら一考の価値はあるのかもしれません。

展開はタイセイレジェンドが逃げ、エスポワールシチーとカレンブラックヒルが続く形でしょう。
ガンジスやワンダーアキュートは中団になりそうですが、内に入ったグレープブランデーは浜中騎手がどう乗るかですね。内で勝負するのか外に出していくのかの判断は難しそうです。
昨年の1,2着馬のテスタマッタとシルクフォーチュンはどちらも外で後方からですね。
イジゲンはゲート次第としか言えません。

馬名 騎手
1 1 マルカフリート 福永祐一
1 2 グレープブランデー 浜中俊
2 3 セイクリムズン 藤岡佑介
2 4 ナムラタイタン 太宰啓介
3 5 タイセイレジェンド 田辺裕信
3 6 エスポワールシチー 松岡正海
4 7 ガンジス 内田博幸
4 8 イジゲン F.ベリー
5 9 ヤマニンキングリー 武豊
5 10 ワンダーアキュート 和田竜二
6 11 カレンブラックヒル 秋山真一郎
6 12 ダノンカモン W.ビュイック
7 13 エーシンウェズン 蛯名正義
7 14 テスタマッタ 岩田康誠
8 15 ガルボ 石橋脩
8 16 シルクフォーチュン 横山典弘

佐賀記念はホッコータルマエが完勝

佐賀記念

フェブラリーSに登録するも除外対象となっていたホッコータルマエが、逃げるエーシンモアオバーの2番手追走から4角で並びかけ直線を向いて突き放す完勝。
フェブラリーSにも出走できていればそこそこの人気になっていたはずの馬ですから、ここでは力が違いましたね。

これで一応賞金的にはフェブラリーSにも出走可能になりましたが、さすがに連闘での出走はしないようです。
今後は帝王賞、あるいはJCDを目標にしていくのだとは思いますが、まずは賞金を稼いで出走権を確定させていかないといけませんね。ダート路線は芝に比べて似たようなメンバーと距離での争いになるので、賞金を加算していくのも一苦労です。